ミツログ



Kiss Me You

戦争モノっていうから、最初すごく心配してたの。
それはもうイロイロな意味で、自他共にってところかな。

テーマがテーマだけに観るにも対峙するものが大きすぎるでしょ?
だけど「今回はスケジュール調整して絶対に観なきゃ」って
なんとなーく、思っちゃったのよね、直感ってやつ?




ストーリーがあってキャラクターも立ってるから
軽くみてしまえば深く考えずストーリーだけを追って観ることも出来る

だけど、

実際は考えるべきところは山積みで
価値観や感情なんてそれこそ千差万別で
なにもかも考え出したらきりがなくて

キャラクターのポジショニングや背景があって
人間同士の、男女の、男の、女の、友情や、愛情や、正義や、夢や、、、

って、そう言ってしまうと薄っぺタに聞こえてしまうけど

ストーリーもキャラクターも確立しているのに
観客に「考える間」を与えることができる舞台で
要するに隙がないのに隙だらけな舞台で

定番なのに油断ならない鋭さ

が、あった舞台だったなぁ、って。
舞台こそ広いけど装置は極めてハダカに近くて
だけど全ての装置の中でメインになるのがアノ曲なんだもん。
そりゃあ「この選曲はズルいよ!」って思っちゃうよー

テーマ、本、設定から、役者の背景から、役作りから、何から何まで、、、

ストーリーとキャラクターと価値観と感情と夢と理想と現実と
オーバーラップ、フラッシュバック、クロスフェード。
無数の要素が交錯して展開される舞台って
このところあんまり観ていなかったなーって。

カンじゃ駄目なシーンで噛んでたりしたけどさ(笑)
それはそれとして、自分としてはかなり評価高かったなー

最近観た中で最もセンチメンタルでファンタジー
それでいてキレ味のいい舞台だった。

よ。
[PR]
by m-itsu | 2006-02-27 20:14 | 鑑賞メモ
<< 戻りたいんだ。 天使 >>


コメント・トラバ大歓迎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ほへto
from BOYS BE SID VI..
信じていくのです
from NO ××× NO LIFE
花より男子第4話
from FC.VIRIDIS BLOG
読んでる?呼んでる?
from ミツログ
映画バトン
from Trust
ライフログ
ミツメモ

舞台と音楽と絵と本が好き。要潤の顔立ちが他人事と思えない今日この頃。好きなものは多すぎて書ききれないけれど、繊細さと、ゆえに強さをあわせ持つ人に弱い。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧