ミツログ



ダストスパート

先日のことですが SMILY☆SPIKY 旗揚げ公演『ダストスパート』観劇。

惜しむらくはチラシとパンフレットが入手ならなかったことですが
(各種チラシ&パンフ大好きな者としてはホントに残念なのよ)
それはもうどうしようもないことですので一先ず感想!

すっごい面白かった!

っていうのが何よりも、の感想。
レポートの類を自分が得意としないというのもあるにせよ
ここはファンサイトではないので詳しい内容には触れないけれど。



最近割と取り沙汰されてるかも、っていうモチーフ、
舞台は刑務所、その中での様々なストーリーなわけですが。

キャラクターの設定が濃ゆくて、俗にキャラ立ってるというのがありき
ストーリーや伏線はわかりやすく、青く、劇団として擦れていない
うっわぁ、ホントこれは体当たりだ!って思う舞台だったわ。

そもそも作り手はキャリアある人達で
全くの素人の旗揚げではないのですけどね

だからこそ新鮮だったんだろうな。
擦れていてもおかしくない状況の中であの潔さ。

個人的には

キャラクターが全く異なる資質をもった設定なのだけど
それはまるで一人の人間の心象風景を描いているように感じたの。

たとえばエゴグラムとかエニアグラムみたいなもので
一人の人間の人格・個性を強調させたという印象に近かった

だから、一人ひとりにストーリーや役割があって、その上に
一つの舞台作品として一人の人間の人格が形成されているという感じ。

つまり、7人の登場人物で1人の人格が形成されていると思ったの。

厳密には何人何十人と携わっているのだけれどその話は一先ず置いて
(アンケート記入する機会がなかった分、制作さんに口頭で伝えたのだよー)

そういう意味ではもちろん「青い」んだけど適度に作り込まれていて
独特のテンポは観客に「考えさせる」間を持たせつつを魅了するに充分で

実はかなり嫉妬した。

まったく異なる世界にいる私でさえそう思うのだから
きっとその世界に憧れる人達にはあまりにも眩かったのだろうな。

そんなことを思いつつ、終演後は職場までの道のりを疾走したのでした。
いつか自分もシナリオを書けるくらいの力量が欲しいなと思いつつ。
[PR]
by m-itsu | 2006-04-18 23:53 | 鑑賞メモ
<< 軍事郵便 実の母に >>


コメント・トラバ大歓迎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ほへto
from BOYS BE SID VI..
信じていくのです
from NO ××× NO LIFE
花より男子第4話
from FC.VIRIDIS BLOG
読んでる?呼んでる?
from ミツログ
映画バトン
from Trust
ライフログ
ミツメモ

舞台と音楽と絵と本が好き。要潤の顔立ちが他人事と思えない今日この頃。好きなものは多すぎて書ききれないけれど、繊細さと、ゆえに強さをあわせ持つ人に弱い。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧