ミツログ



技術とかセンスとか、、

恒例、サロントーク(って言ってもサロンについてのトークな)
ですが、聞き飽きたとおっしゃらないでくださいまし。
それくらいしか書ける話題がないのよ。。。

今年の初めにサロンを訪れて以来髪が短いのです。
ショートからボブの間で落ち着いております。

それまでは背中真ん中あたりまであったりして
輪郭とか顔立ちとかそういうので短いの嫌だったのね。
片想いの人がロングが好きっていうから髪伸ばしてみたとか。

でもそんな自分に、ある日とっても嫌気がさした。

仕事でもかなりストレス溜まっていたし
そんな心境を打破すべく何か新しいことをしようと思って
自分に還元できる何かを探して、結果、サロンに行くことにした。
(そりゃあ、店が店だもの敷居は高かったわよ?)

きっかけはただそれだけなのだけど
そのことでこの一年恐ろしいほどの広がりがあった。
仕事や人間関係への臨み方のスタンスとかモチベーションとか
慮ることとか、コミュニケーションについてだとか。
(その分、自他に厳しくなったのかも)

悶々とした気持ちはバッサリ切った髪と一緒に切り捨てられ
髪が伸びてサロンへ向かう頃には自身の考え方も伸びてる
そしてまた髪を切ってもらう時にはやきもきだけ切り捨てて
また次回サロンに向かう時には新しい考え方を伸ばしてる
そうしていつも勉強できることは、とてもありがたい。

さほど長さは変わっていないのだけれど
サロンへゆく度にまったく違う髪形にしてくれるので
今や帰宅した私を見た母親がとにかく驚く事が恒例になっている。

ゆく度違う髪型なのに、絶対にハズさないことに驚くのよ
「毎回貴方に合った髪型にしてくれるのすごいね」と。
それはサロンとスタイリストと客との相性よね。
そう考えるとタイミングと確率にゾクゾクしちゃう。

元々クラシックなのにアバンギャルドって大好きだから
そのサロンに足を運んだことは正解だったとはいえ。

それ以上に現場目の当たりにしている私としては
シザーだけで髪型作っちゃうんだから絶句なわけです。
技術とセンスと両方兼ね備えていないと無理なわけじゃない?
ましてや美容って諸々の情報の流れがすごく速いじゃない。
服飾もそうだけど、技術的な情報はそこまで速くない。
(例えば縫製自体には薬剤とか使わない分ね)

だからすごく尊敬していて、反面、すごく羨ましく思う。
技術とかセンスとか人格とか、私も成長したい。

たぶんスタイリストさん@物腰やわらか、の
芯がある、その上でのしなやかさを持っているところ
それが自分の憧れなんだと思う、自身もそう在りたいもの。

権力やこだわりでおさえ付ける人間はあまた居るけれど
そうではない技術職の人って初めて出逢ったから
私の目もらんらんとするわけです。

大人になりたくないと思っていた私(年齢的にはもう大人)が
こういう大人にならなりたいと思ったくらいだから(笑)

出逢いってそういうものを生み出すから面白いよね。
[PR]
by m-itsu | 2006-12-13 16:05 | 日常生活
<< フと疑問。 ヒルズ族ですから。 >>


コメント・トラバ大歓迎
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ほへto
from BOYS BE SID VI..
信じていくのです
from NO ××× NO LIFE
花より男子第4話
from FC.VIRIDIS BLOG
読んでる?呼んでる?
from ミツログ
映画バトン
from Trust
ライフログ
ミツメモ

舞台と音楽と絵と本が好き。要潤の顔立ちが他人事と思えない今日この頃。好きなものは多すぎて書ききれないけれど、繊細さと、ゆえに強さをあわせ持つ人に弱い。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧