ミツログ



年末年始

と、いいますか、2週間足らずで4~5キロ肥えましたヒロですごきげんよう。

まず、体重の話。

おかげ様で見た目は健康的になったんですが
(11月12月は頬もこけていたので見るからに病的だった)
4キロも増えるとジャケットとコートを重ね着するのにきつくていかん。
元から重ね着のあの窮屈感がダメなので、2キロ太った時点でアウトなんだけど

輪をかけて、ね。

目がなれると一日単位で「0.5キロ痩せた・0.5キロ太った」がわかるんだよね。
「あ、この腕は0.5増えたな」とか「この脚、今日は0.5落ちたな」だとか。
3月までにはまたそこまでもって行きたいところです。

で、その、体重変動の一因にもなっているのが次の話。

誰が、何が変わったのか。
それは誰に、何に、どう作用しているのか。

2006年、自身含め、自分を取り巻く環境は激動以外の何ものでもなくて
年齢的・社会地位的なものも多分にあるんだけど人間関係激動の年だったなと。
身近なものから手の届かないような場所にあるものまですべてすべて。
もちろん何が正しいとか誰が正しいとかそんなことはないのだけれど
いずれにせよ全てのものの今までの関係性が真っ二つになったというか。

このブログでわかりやすく言えばSOPHIAとかね。

自分はこうっていうのがあって「SOPHIA変わったよね」ってのと
自分は自分それはそれというのがあって「SOPHIA変わったよね」ってのと

今までも何度となく繰り返してきたことだけれど
その先に臨む力だとか受け入れる気持ちであるとか
個々人の価値観だとかが顕著になったなぁと思うわけです。

当事者が言う客観性というのはあくまでも主観に基づいた客観だから
これも厳密な意味合いではないのだけれど

主観と客観が真っ二つになった

ってね。
客観の方が仕事向きなんだけど
主観の方が幸せになれるんだと思うよ、って
なんか、このところそんな話ばっかりしているなぁ公私共々。
そんな話をする相手は老若男女問わず。

命題なのかね。

しかし何事も、自分の考えを押し付けられるとイラッとしちゃうのよね。
声高に主張するけど理由裏付けになってないし、それ。
だとか、思ってしまうから気が揉めるのよねぇ。

その度に「中庸、中庸。」と自分に言い聞かせてます。

だけど極力言わないようにしているとはいえ
言わなきゃ言わないでその相手とは疎遠になるだけだし
疎遠になっても構わない相手ならイイケドそうでない人も大勢いるし

近頃そういう、思春期みたいなことで悩んでいるかも。

確実に交友関係変わってきているんだよねぇ。
上昇志向の人間との繋がりが強くなってきたから。

自分自身至らなさから来る不安を払拭するようにしながら
そういう人達と交流を持つようになったからだろうな。

正直かなり不安だもの。

願わくば愛しい人全員と共に高みを目指したいけれど
私には全員を抱きしめてゆくだけの力はないし
願わぬ者までを抱きしめる程の愛はない。

自分には激甘なのに冷酷なものよね。。
[PR]
by m-itsu | 2007-01-08 05:28 | 日常生活
<< ↓だとかいう あけまして! >>


コメント・トラバ大歓迎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ほへto
from BOYS BE SID VI..
信じていくのです
from NO ××× NO LIFE
花より男子第4話
from FC.VIRIDIS BLOG
読んでる?呼んでる?
from ミツログ
映画バトン
from Trust
ライフログ
ミツメモ

舞台と音楽と絵と本が好き。要潤の顔立ちが他人事と思えない今日この頃。好きなものは多すぎて書ききれないけれど、繊細さと、ゆえに強さをあわせ持つ人に弱い。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧