ミツログ



カテゴリ:文化メモ( 16 )


先日のヤフトピより。

日本発 ビジュアル系バンド、世界を席巻
6月10日18時46分配信 産経新聞


 アニメの次は「Visual Kei」。日本のビジュアル系バンドが欧米で人気を集めている。化粧をするなどした中性的な美形男性バンドのことだが、フランスでは大手ファッション誌が特集を組み、米国では日本のバンドによる公演が超満員に。ドイツからはブームの源流を探ろうと、ドキュメンタリー番組の撮影クルーが来日した。日本のアニメのファンが人気を支えており、関係者は「人気はさらに拡大する」とみている。(岡田敏一)

 「ドイツでビジュアル系が話題になり始めたのは約1年前です。『美少女戦士セーラームーン』以来、日本のアニメがブームになっていて、そのファンがビジュアル系に着目した」
 そう話すのは、独の映像監督、マークス・フィンクさん(36)。若者文化を題材にしたドキュメンタリー番組撮影のため、ビジュアル系の大ファンという若い男女6人とともに先ごろ来日し、東京に滞在して取材活動を行った。

 新宿の百貨店のビジュアル系ファッション売り場を訪れ、日本のファンとも交流した。6人はネットのファンサイトを介して知り合った友人同士。ビジュアル系の本場に行きたい、と応募したという。

 女子大生のミカイリナ・クープさん(21)は「日本のバンドではマリス・ミゼルとディル・アン・グレイが大好き。米とも欧州とも違う独特のファッションや音楽形態にひかれます」。

 髪を明るい緑色に染めた男子大学生ベンジャミン・ランコートさん(24)は「日本のアニメで日本語が好きになって、こうしたバンドのファンになった」と話す。
 一行は、豪華なファッションで話題を集める男性5人組バンド「ヴェルサイユ」のプロモーション・ビデオの撮影現場も訪れた。ボーカルのKamijoさんは「自分たちが独で知られているとは…。心の底からうれしいです」と驚いた様子だった。

 一方、米ロサンゼルスでは5月25、26日に、アリス九號(ナイン)や雅など日本のビジュアル系9バンドが出演するコンサートが行われた。参加者によると、4日前から劇場前に行列ができる人気ぶりだったという。

 日本のビジュアル系に着想を得たバンドも次々に登場し、ドイツではTOKIO HOTEL(トキオ・ホテル)、スペインではPink Jisatsu(ピンク自殺)というバンドが話題に。先ごろ、大手ファッション誌ヴォーグの仏版が「Visual Kei」のファッションを特集するなど、ブームはますます広がりを見せている。

 約20年前からビジュアル系バンドの取材を続けているフリーライターの大島暁美さんは「海外での日本アニメや漢字、日本語ブームの延長で人気に火が付いたようです。ファッションやルックスより、歌謡曲っぽいメロディーの楽曲やボーカルの歌声といった欧米のロックとは違う日本的な要素が人気を集めている。今後もネットなどを通じて人気は拡大するのでは」と話している。
[PR]
by m-itsu | 2007-06-12 16:02 | 文化メモ

広島ですから。

c0031252_2281851.jpg


もちろん此処へもいってきました。

原爆ドーム。

絶句した。

昔、沖縄へ行った時のような息苦しさとかはなかったけど

えもいわれぬ感情を抱いた。

イロイロな国の、イロイロな歳の、イロイロな職業の人が

たくさん居て

この人たちの目や心にはどう映っているのだろう

とか

自分には知らないことが多過ぎる

とか

うん、もっと、もっと、いろいろ。



まだ足を運んだことのない人は、

一生のうちに一度は実際に見ておくべきだと思った。
[PR]
by m-itsu | 2007-05-19 02:37 | 文化メモ

もう、一週間経つのね。

宝島はココでした。

More
[PR]
by m-itsu | 2007-05-18 00:54 | 文化メモ

宝島まで4、5時間。

宝島には夢を求める人ばかりではなく、動物もいます。

More
[PR]
by m-itsu | 2007-05-14 02:23 | 文化メモ

宝島の景色

宝島にはこんな景色が広がっています。
さて、この宝島とはドコでしょう。

More
[PR]
by m-itsu | 2007-05-13 02:46 | 文化メモ

今年の夏の読書

ハピネス
嶽本 野ばら / 小学館

現代演劇 60’S~90’S
/ 平凡社

恋愛の国のアリス
嶽本 野ばら / 朝日新聞社

ゾイ―LUNA SEA〈上巻〉
野波 浩 / 音楽専科社

ああ正負の法則
美輪 明宏 / PARCO出版

天声美語
美輪 明宏 / 講談社

それいぬ―正しい乙女になるために
嶽本 野ばら / 文藝春秋


今、読みかけてるのはコクトーの『怖れるべき親たち』
図書館から借りてきたのだけど、返却日までには読み終わりません。。

声・怖るべき親たち
ジャン コクトー / 白水社


相変わらず偏ってんなぁ自分、と思いつつ。
[PR]
by m-itsu | 2006-08-30 00:16 | 文化メモ

きゃっきゃした。

某所にてゴッド野波の作品集を拝見。

っ!
すっげー!!

あまり時間がなかったからザッと見せてもらっただけなんだけど
案の定「好きだと思った」って言われたし(笑)

好きですとも!
[PR]
by m-itsu | 2006-07-28 23:09 | 文化メモ

ミュシャ塗絵

アールヌーヴォー名作〈1〉ミュシャ
塗絵を楽しむ会 / 美術出版社

ミュージアムショップにて購入。
無心になって塗り塗りするのだんv
[PR]
by m-itsu | 2006-04-26 18:50 | 文化メモ

愛すべきもの

守りたいものが増えれば増えるほど
愛おしい場所が増えれば増えるほど
自分が自分であることを思えば思うほど
鋭い痛みが胸に突き刺さり抉られるばかり。

誰かが止まない雨はないというけれど
この雨は、しばらく、止みそうにもないよ

たとえばもしも「自然淘汰」と称し「自然体ではないもの」が
人工的な美しさが淘汰されてゆくのがこの世界の常ならば
この世の法則にさえ抗って「あなた」と共に歩もう。
人工的な美しさを纏いそれを己の自然体にしてしまえばいい。

少々強引な手法であろうとも何も間違ってはいない。
己の魂を腐らせるくらいなら先に腐りきった世界を捨ててしまえ。

私が舞台や音楽や絵や小説が好きな理由はここにある。
[PR]
by m-itsu | 2006-03-12 21:14 | 文化メモ

野ばらまつり

私のためにある図書館だと思う、今日この頃。
場末の図書館だというのに何故こんなに大充実なんだろう。

ロリヰタ。
嶽本 野ばら / 新潮社




は、持っているのだけど、これも置いてあったし
昨日、借りて来たのは以下。




デウスの棄て児
嶽本 野ばら / 小学館




パッチワーク
嶽本 野ばら / 扶桑社




エミリー
嶽本 野ばら / 集英社
[PR]
by m-itsu | 2006-03-09 22:55 | 文化メモ


コメント・トラバ大歓迎
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ほへto
from BOYS BE SID VI..
信じていくのです
from NO ××× NO LIFE
花より男子第4話
from FC.VIRIDIS BLOG
読んでる?呼んでる?
from ミツログ
映画バトン
from Trust
ライフログ
ミツメモ

舞台と音楽と絵と本が好き。要潤の顔立ちが他人事と思えない今日この頃。好きなものは多すぎて書ききれないけれど、繊細さと、ゆえに強さをあわせ持つ人に弱い。

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧